FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がブログをさぼっていた間にも、畑の様子は刻々と変わり、今2013年の7月。

ハタと気づくと昨年の農作業は忘却の彼方へ消え去り、ただでさえ記憶力の弱い私のこと、いったい一年間何をどうしていたのか、全く覚えていないのです。

昨年があまりにも忙しかったということはあるけれど、それにしてもそろそろ記録を始めないと空白は広がるばかりです。

写真もとっていなかったので、ようやく撮り始めた6月28日の玉ねぎの収穫からアップロードすることにします。




P1050475_R.jpg


P1050474_R.jpg


たしか600本近く苗を購入して植え付けたと思います。

春の田植えの後、となりの田んぼが4年ぶりに再開したため、水漏れがひどく、私の畑がまるで田んぼのように水浸しになったのでした。

玉ねぎ、ナス、レタスなどの畝が冠水したので、田んぼの主(若い24歳のイケメン)に苦情を言いに行ったのです。彼は、亡くなったお父さんの代わりに、おじいさんから引き継いだ田んぼを再生しようと、一生懸命頑張っているのです。

私の苦情に、水の調節をいろいろしてくれました。そしてその後も何度か水漏れはしましたが、無事玉ねぎ収穫にこぎつけたのでした。収穫してびっくり。他の仲間の玉ねぎよりふた回りも大きいのです。特に赤玉ねぎは顕著でした。

「水漏れしていがったのんね?」というのが皆さんのご意見でした。
春、玉ねぎは水が欲しい野菜なのだそうです。根が張るから水の吸収がとても良いのだとか。

災い転じて福となす・・・なのかな?

いえいえ、やっぱり水漏れは嫌です。
なぜなら田んぼの水には色んな薬剤が入っているからです。

一切の農薬を使わないで育てたい私は、小さくてもいいから安全な玉ねぎが欲しかった。食べますけどね。

でもイケメンの兄さんには頑張って欲しいです。風にそよいでいる緑の稲が金色に輝く日を、私も楽しみにしているんです!!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vegenana.blog65.fc2.com/tb.php/287-db06810a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。